若返りの3つの秘訣教えます・・寝る前に飲む〇〇で・・!?

945e4760e87cb9d80d1369ff035ce088_s.jpg

だれでも若くいたいのは当然ですよね・・

でも若さを保つことに必要なことって何でしょうか?

その秘訣が3つ〇〇にあるとしたら・・
試す価値はあると思います。

若返りの秘訣・・


今の科学で分かっていることをまとめると効果的な方法が分かってきます。

この3つのポイント
を知ることが大切と考えています。

若さの秘訣・・
①成長ホルモン


なぜならこの成長ホルモンが字の通り成長させてくれます。

成長=若さですよね。

37af27c2fc3a7f7505e0f92507a24dd4_s.jpg

人間本来持っている若さを保つ秘密がここに隠されているんです。

寝ている間にこの成長ホルモンを一番多く分泌します。

より多く分泌させることが若さへの第一歩となるんです。

寝る時の注意点を守って熟睡できる

環境を整えましょう!!

その為の3つのポイント

①アルコールを飲んだ後の
睡眠はダメです。


これは何故かといいますと・・アルコールを飲むと眠気は確かにでるんですが
脳は全然眠れない状態になっています、この状態ですと浅い眠りになって
熟睡ができないんです、また常習性がありますので飲む量がどんどん増えていき
眠くなるまで飲み続けるなんてことのもなり兼ねません・・

②部屋を明るくして眠るはダメです。

明るいと脳が目覚めてしまいこれも熟睡できません・・
豆電球ならいいとお思いかもしれませんがそれもダメです。
一番良いのが月明かりの自然な光が差す程度です。
なるべく部屋を暗くして静かに呼吸を整えて
眠る体制を作りましょう。

③不規則な睡眠はダメです。

特に昼寝は気を付けないと睡眠リズムが崩れます。
お昼寝をするなら15分が一番ベスト
なりますのでこのお昼寝15分する
だけで逆に睡眠リズムを整えてくれ
体と脳をリラックス状態にしてくれます
国の政策でも推奨されている方法です。
注意点は15分以上の熟睡は禁物となります。

一番効果的な睡眠時間は人によって多少違いますが一般的に6時間前後です。

枕選びも大切です、
ポイントは寝返りのしやすさです
枕は堅すぎず柔らか過ぎず広めが良いです。

入浴後なるべく早めにベットで横になる
ことがおススメです。
テレビやスマホなどのブルーライトは
睡眠を妨げます。
入浴後少し疲れた体の状態で
真っ暗な部屋で横になることで
睡眠を誘導してくれます。

この熟睡状態を日々保つことでドンドン成長ホルモンがでてきますので
若返りのポイントとしてとても重要です。

若さの秘訣・・
②抗酸化成分の摂取する


最近しみやシワが増えた…など、老化は年齢とともに誰にでもやってきます・
老化現象の原因・・
からだのサビが原因です”

いつまでも若々しく健康でいるためには、カラダのサビを防ぐことが
とても重要です。

細胞を攻撃する活性酸素のが
このサビの原因です。

私たち人間が生きていくうえで酸素がないと生きてはいけません。
ただこの酸素は悪い面もあるんです・・それが酸化です。

リンゴ切れるとだんだん変色茶色くなったりしますよね
これが人間の身体にも同じ現象が起きます。

これが身体のサビ 酸化です。

細胞を攻撃する活性酸素ですが、もともとは酸素の一部が変化したもの、
酸素が体内に入るとその中の数パーセントが活性酸素に変化します。

もともとは身体を外敵から守ってくれる役割をしているのが
この活性酸素・・体内に侵入してきたウイルスや細菌など攻撃してくれます。

ただ、問題が増えすぎると逆に正常な細胞までも攻撃するして酸化させてしまいます。

そしてこの酸化こそが老化の原因にもなってしまいます。

活性酸素が増加してしまう
要因はなんでしょうか?

実は身近なところでその原因はあります。

1.紫外線

紫外線を浴びると体内では外部からの
刺激に皮ふを防御して守ろうとします
実はこの時に活性酸素が作られます。
いわゆるメラニン色素が発生しシミの原因にもなります。

紫外線によって酸化してしまうものにコラーゲンがあります。
お肌に重要なこのコラーゲンが紫外線によって活性酸素が増加
大切な肌の弾力が失われシワが目立つ老けた肌に変化します。

白内障の原因なることも最近の研究で分かりつつあります。
紫外線によって水晶体内に発生した活性酸素が原因でそのリスクが高くなっているんです。

2.喫煙

百害あって一利なし・・
タバコに含まれる発がん性物質のタールが肺に入ると
この有害物質を排除しようと免疫システムが機能します
これが活性酸素を発生させている原因です。

活性酸素によって肺の細胞組織が破壊されてしまい
肺がんの発症リスクが高まります。吸わない人も周りに吸っている人の
煙を吸うだけで活性酸素が発生してしまうから注意が必要です。

3.ストレス

人はストレス感じずには生きては行けないんですが、このストレスが過度に
かかると身体に様々な症状をもたらします。

ストレスで血圧の上昇することで
血管に負担がかかりそれを守ろうと
活性酸素が発生します。
このことが血管の内壁を傷つける
要因となり皮肉にもその傷を治そうと
集まってきた血小板たちがさらに
血管を狭くしてしまい血液の流れを
悪くしてしまいます。

活性酸素は血液中のコレステロールを
酸化させることで、動脈硬化の原因の
ひとつにもなり過剰に増加された
活性酸素は大変危険な要因となります。

4.飲酒

大量のアルコールを飲むことで肝臓への負担が多くなります、
一日ビール大瓶2本までが最大処理容量とも言われています。
これを越える飲酒は処理が追いつかず血中のアルコール濃度も飛躍的に
上がってしまいその結果それを除去しようと活性酸素も多くつくられ
その攻撃先が肝細胞になるとアルコール性肝炎などの疾患に繋がります。

5.食品添加物

今や添加物の無い食品を見つけるのは
至難の業と言ってもいいくらい
あらゆる食品に入っています。

特にコンビニ弁当やカップラーメンなどの
加工食品は表示されている添加物を
確認しましょう。
もちろん安全性は保障されていますが、
肝臓で分解できず体内で蓄積される
添加物も多く決して身体に
良いものとは言えません。
この添加物は肝臓で分解される際に
多くの活性酸素が発生しますので
身体が害と判断するような
添加物は可能な限り控えることを
おススメします。

自分の身体は自分で守るしかありませんので過度に偏った食生活は
健康を害する要因とし危険です。若さを保つためにも活性酸素を増えやすい
食品の摂取は控えましょう。

何を食べれば抗酸化を促してくれるのか?

抗酸化作用のある食べ物で
若さをに入れよう!

毎日でも食べたい10の食材!

抗酸化食材 
その1:筆頭食品はなんといっても「バナナ」


このバナナですがアミノ酸やビタミンが大変豊富です。
しかも抗酸化作用が最強レベルです。
色がやや変色して黒い点があるものが
より効果が高いです。
あと忘れていけないのが・・
バナナの筋部分に栄養素が詰まっていますので
捨てずに食べましょう。
ただ糖質も多いので1日1本目安に食べれば十分効果が期待できます。

抗酸化食材 
その2:色の濃さが天然のお薬「色の濃いお野菜」


カボチャの黄・ニンジンの赤・ピーマンの緑・トマトの赤などの緑黄色野菜の色は、
天然の色素は色が濃いほどその栄養素も多く抗酸化成分が期待できます。
カロチンやリコピン・アントシアニンなど野菜の抗酸化力は侮れませんので
是非毎日の食事で摂取することをおススメします。

抗酸化食材 
その3:色が薄くてもその抗酸化力はすごい「キャベツ」


万病に効くと昔から言われるのがこのキャベツ・・

実はキャベツの抗酸化作用は野菜類の中では飛び抜けて高いんです、
安くてたくさん量がとれるキャベツは
ニンニクに次ぐ高い栄養素が認められています。
しかもまだ成熟していない、巻のゆるい若いキャベツの抗酸化作用が
圧倒的に高いので春に出回る新キャベツは
毎日の食卓に入れたい一品ですね。

抗酸化食材 
食品その4:「ニンニク、ショウガ」は抗酸化作用の代表選手!!


ニンニク、ショウガ、ネギ、セロリなどのいわゆる香味野菜も、
抗酸化作用がとても高いんです。あの独特の臭い成分のアリシンが
体内の活性酸素と強力に結びつきくことで身体の酸化を防ぎます。
ただたくさんは食べることができないのが難点・・
料理に香りや旨みをプラスしてくれる香味野菜を上手に使って抗酸化力を
上げましょう。

毎日少しづつで良いですから、調理の際には香味野菜を加えるようにしましょう。

抗酸化食材
その5:「そば」長寿の食べ物


日本人の食生活で昔から食されていた『そば』ですがその成分にある
ルチンという抗酸化成分がその由来だとも言われています。
そば粉に含まれるルチンは、抗酸化作用のあるポリフェノールと似た働きがあり、
脳卒中や高血圧症などの生活習慣病の予防効果が期待されており欧米ではすでに
薬としても活用されるくらい効果が期待されています。
毛細血管を強くし血流を良くすることから、肩こりや冷え性などに効果的です。

老化の原因になる活性酸素を抑制しますのでそのアンチエイジング効果に優れた食材です。
うどんやラーメンを食べるならそばがおススメです。

抗酸化 
食品その6:イソフラボン「大豆」ある優れた抗酸化食材


大豆は言わずと知れた優秀食材、畑のお肉ですがその調理法や製法など
ホントに多岐に渡る万能食材ですよね。是非毎日食べたい食材のひとつです。
大豆に含まれるイソフラボンが高い抗酸化作用があります。

またこのイソフラボンには女性ホルモン「エストロゲン」
と似た化学構造は分かっており
その栄養素のには今注目されています。
女性の美しさや若々しさを保ってくれます。
加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少して
「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがあります。
その足りなくなったエストロゲンをこの大豆イソフラボンが代わりに補ってくれています。

抗酸化 
食品その7:抗酸化作用の飲み物なら「緑茶」がおすすめ


抗酸化作用で一番良いのはコーヒーやウーロン茶などの飲み物を抑えて
もっとも抗酸化が高いのは緑茶です。
お茶の抗ガン作用の秘密は、濃く含まれるカテキンによる抗酸化作用だ。

細胞の遺伝子を狂わせて「ガン化」させるのは「活性酸素」だが、
緑茶に含まれるのカテキンが活性酸素を取り除いてくれます。
代表選手の抗酸化物質であるビタミンEの50倍以上とその効果は絶大です。
緑茶のパワーを毎日取りたいですね。

抗酸化 
食材その8:ベリー類の色素に注目


ポリフェノールの代表格の赤ワインなどに使用されるブドウ類または
ブルーベリー・ラズベリー・イチゴなどの品種にあるその色の濃い色素に
豊富な抗酸化物質が入っています。
また、脂肪酸を有害な「過酸化脂質」を抑制する効果もあります。
スムジーやシリアルなどに入れるなど気にして摂取するといいですよ。

抗酸化 
食材その9:アボカドはアンチエイジング完全食品!


女性に人気のアボカドは嬉し作用が盛りだくさんです。
アボカドに含まれるビタミンCには美白効果やシミを抑制する働き
肌のハリや弾力までも高めることで
若さを保つ重要な美肌を作ることが期待できます。

ビタミンEも含まれており強力な
抗酸化作用があるので
細胞の老化やシワを予防する働きがあります。
ビタミンB群やβ-カロテン、
カルシウム、鉄分なども豊富に含まれています。

さらに、アボカドには含まれる脂肪分のオレイン酸やリノール酸は
コレステロールの吸収を抑え老廃物を
体外へ排出するデトックス効果が期待できるので
細胞を活性化して動脈硬化を予防してくれます。
まさにアボカドはアンチエイジングのための完全食品として是非摂取したい
食材です。

抗酸化 
食材その10:オリーブオイルの驚きの効能とは・


オリーブオイルの抗酸化作用は、お肌の老化を遅らせる効果があると
言われるアンチエイジング効果がすでにヨーロッパで認められています。

血中コレステロールを減らすオレイン酸が含まれており、中性脂肪がつきにくいほか、鉄分・ベータカロチン・ポリフェノール・カルシウム・ビタミンEなど
若さを保つために必要な栄養素がテンコ盛りなんです。

食用油をオリーブオイルに変えるだけでその効能を得られます。
おススメは生でも食べれるエクストラバージンオイルですので、必ず開封後は
冷蔵庫内で保管し早めに使いきることが風味や栄養素を逃がさないコツです。

抗酸化食材を上手に摂るよう意識することが大切です。若返りの秘訣で重要なのは
毎日の食生活の中に抗酸化食材を摂りいれることです。
生活習慣のスタイルの中に是非これらの食材を食べれるようにしてくださいね。


若さの秘訣・・
③運動(歩くこと)です



老化防止のために、運動をすることはとても大切な事なんです。

ただこの方法を間違えると返って健康を損なうことにも・・実は
過剰な運動はマイナス面しかありません。

心臓への負担が多くなる一気に血流量が増えることで血圧の上昇
最悪血管がその血流に耐えられずに傷ついたり破れたり・・

また膝や腰を痛めることで歩行に支障をきたす場合も・・
なんでもやり過ぎは禁物です。

では激しい運動をしなくても老化防止のためにもベストな運動とは・・?

それは、ズバリ歩くことです。

2047acf6bc06af3d30125672d40be3fd_s.jpg

ウォーキングと呼ばれアンチエイジング効果のある運動として
とても注目されています。

歩くと血液の中の血糖値が下がりますので血糖値が気になる方にも最適です。
歩くことは有酸素運動でし脂肪燃焼も期待できます。

お金がかかるずに手軽にできます、
また外に出歩く時間のない方は
太もも大きく上げての足踏みも効果あります。
また、低い段差を上り下りしても
足踏み体操も効果的。

諦めずに続けることが大切です。

まとめますと・・

①睡眠の重要性
②活性酸素の発生を抑える
③運動(歩くこと)


この3つだけでも意識して日々の生活のスタイルに組み込むと
アンチエイジング効果が期待できます。

そしてもうひとつ・・そんなあなたに強力な助っ人を呼んできました。

この3つのポイント+にサプリメントを同時進行することで
より効果的なアンチエイジングが期待できます。

身体に良いと分かっていても日頃の食材だけでは
なかなかここま食べれないあなたにアンチエイジングに重要な食事を補ってくれる
サプリメントを有効活用してみてくださいね!

若さの秘訣は良質な睡眠と抗酸化食材の摂取そして適度な運動です。

何でも一日にして若さは手に入りません。日頃の積み重ねこそが
大切ですので、このサプリメントがあなたのお役に立てれることを
願っています。







この記事へのコメント